反則金通告制度

反則行為と反則金
交通反則通告制度は自動車や原動機付自転車などで運転者の犯した違反行為のうち、比較的軽いもの(軽微な違反)については、一定期間内に定められたの反則金を納めると、刑事裁判や家庭裁判所の審判を受けないで処理される制度のことを言います。無免許運転や酒気帯び運転をした方、反則行為によって交通事故を起こした方のような危険性の高い運転者には適用されず、刑事裁判や家庭裁判所か審判を受けることになります。
反則行為をした場合
違反行為をした運転者は、警察官や交通巡視員から交通反則通告書(青色キップ)と納付書を受け取ります。
告知内容に異議がなければ、その日を含めて8日以内に通告書と納付書に記入された金額の反則金を納めると手続きは完了します。
反則金を納付しなかった場合
交通反則通告書と納付書を渡されて、8日以内に反則金を納付しなかった場合は、指定された通告センターに出頭して通告書でを受け、その日を含めて11日以内に反則金を納付すると手続きは完了します。 住所が遠いなどで通告センターに出頭できない人は、通告書が郵送されます。この場合は、郵送費用と合わせて反側金を納めなければなりません。 反則金を納めなかった場合は、刑事裁判か家庭裁判所の審判を受けることになります。

交通反則通告制度の流れ

交通反則通告制度の流れ

←運転免許についてTOPへ戻る

  • 仮申込み
  • 資料請求
  • 空き枠確認

反則金通告制度TOP