普通車MTは普通自動車のMT車・AT車両方を運転できる免許です。
現代の日本では普通車の殆どはATですので、MTは不要と思われがちですが
・将来的にMT車を運転したり大型免許などの上位免許を取得する可能性がある
・海外で運転する可能性がある(海外は先進国でも意外にMTが主流です)
・単なる移動手段ではなく運転を楽しみたい
・免許証に『AT限定』と書かれたくない
・就職する会社の社用車がMT車
・家の車がMT車
といった場合はMTでの普通免許取得をオススメします。
特に女性は殆どの場合ATで免許を取得されますが、山岳部にお住まいの方などは勾配に合わせて自分で走行ギアを自由に選ぶことの出来るMT車を希望されることも多いです。
なお、ATで免許を取った後にAT限定を解除してMTにすることも可能ですが、最初からMT免許を取得した場合と比べて費用・時間共に多くかかってしまいます。
運転にはアクセル・ブレーキに加え、左足でのクラッチペダル操作と左手でのシフトチェンジ(変速操作)を行う必要があり、このクラッチ操作をいかに上手く出来るようになるかが重要です。
特に停止状態からの発進時や最徐行する場合には半分だけクラッチを繋ぐ『半クラ』と言われる技術を必ず使う必要がでてきます。
これが上手くできないと『エンスト(エンジンストール)』という現象が起こりエンジンが止まってしまい、再度エンジンをかけなおさないと運転が出来なくなります。
そのためAT車と比べると取得難易度は高いと言えます。特に初めてMTの自動車に触れる方ではエンジンに負荷のかかる坂道発進で苦戦される方が多いようです。
その分取得した際の喜びや『運転している』という実感はATに比べて大きいと言えるでしょう。

普通車MT免許取り扱い教習所一覧

エリア・時期・車種で更に絞り込む

頃入校の免許取得
  • 仮申込み
  • 資料請求
  • 空き枠確認

他車種の合宿免許を見る

普通車MT免許を取得できる教習所の一覧です。自宅から近いエリアに絞り込んだり、価格別に並べ替えたり、お好みの表示に変更可能です。

普通車MTの教習所TOP