けん引免許はキャンピングカーやトラックのトレーラー部分など、車両総重量が750kgを超える車をけん引する場合に必要になる免許です。
少々わかりづらいものとしてはタンクローリーなど。運転席のある車体部分と荷台が分離できる構造の車両を運転する場合はこの免許を取得する必要があります。加えて、引っ張る車両の規模に合わせて大型免許なども合わせて必要です。
車両の挙動が独特で得にバックする際はちょっとしたコツを必要とするため運転に習熟するには慣れが必要で、取得するのが難しい免許といえます。
そのため、その他の免許と比較すると正直に申し上げて合格率は低くなっています。運転操作に自信のない方は試験に合格できずに卒業が延びる事を想定してある程度余裕をもった合宿スケジュールをたてておくと安心です。
また、大型特殊免許とは異なり視力条件も中型車・大型車と同じく『片眼0.5以上、両眼で0.8以上かつ深視力誤差2cm以下』となります。
特に中型免許・大型免許をお持ちの方が取得する方がケースが多いですが、まだそれらの免許をお持ちでなく、将来的に取得を予定しているなら合計の取得価格が安く済む同時教習をオススメします。

けん引免許取り扱い教習所一覧

エリア・時期・車種で更に絞り込む

頃入校の免許取得
  • 仮申込み
  • 資料請求
  • 空き枠確認

他車種の合宿免許を見る

けん引免許を取得できる教習所の一覧です。自宅から近いエリアに絞り込んだり、価格別に並べ替えたり、お好みの表示に変更可能です。

けん引の教習所TOP