中型免許は最大積載量3t以上6.5t未満、車両総重量5t以上11t未満の中型トラックを運転する際に必要になる免許です。
教習や試験で使う車両は全長が約8mなので普通車より内輪差が大きく、また運転席も高いため視点が高くなります。
乗った瞬間に今まで運転してきた車両とはまったく異なることが実感できるでしょう。
なお、普通車と違って前輪が運転席の真下もしくはやや後ろの部分にありますので、曲がる際の感覚が異なります。慣れるまでは特に注意しましょう。
トラックというと大型車のイメージが強いかも知れませんが、最大積載量6.5t未満のトラックは非常に多いです。就職先が決まっているわけではないが、準備のために免許取得をお考えの方は中型・大型で迷われることもあると思います。
そのような場合は、まず中型自動車でどの程度のトラックまで運転可能なのか確認してみると良いでしょう。
トラックは後ろ側のナンバープレート付近に最大積載量の記載されたプレートをつけていることが多いので、信号待ちの時など普段の生活でトラックを目にすることがあれば、そのプレートを確認してみるだけでも漠然と必要な免許が掴めると思います。

中型車免許取り扱い教習所一覧

エリア・時期・車種で更に絞り込む

頃入校の免許取得
  • 仮申込み
  • 資料請求
  • 空き枠確認

他車種の合宿免許を見る

中型車免許を取得できる教習所の一覧です。自宅から近いエリアに絞り込んだり、価格別に並べ替えたり、お好みの表示に変更可能です。

中型車の教習所TOP